MASTコンサルティング株式会社

お知らせ

メディア掲載情報

トピックス一覧 アセット 12

新しいビジネスの
夜が明ける。

限界とは、人間の可能性を抑止するための言葉です。
その反面、限界という言葉は、弱さを強さに、
可能性を無限大にできる力を持ちます。

経営者がビジネスに限界を感じたなら、
きっとそれは進化のチャンスかもしれません。

そのようなときには、ぜひ私たちに相談してほしい。
MASTコンサルティングは、中小企業診断士を中心に
国家資格保持者50名を超えるコンサルティングのプロフェッショナル集団。
得意分野を活かした経験値で、経営者の限界を乗り越える帆になります。

2019年。お客様の新しいビジネスの夜が明けます。

OUR BUSINESS事業内容

MASTコンサルティンググループは、
7つの視点から、新しいビジネスを創造していく。

中小企業診断士を中心に税理士、弁護士、社会保険労務士など、
50名以上の国家資格保持者が所属するコンサルティングのプロフェッショナル集団。
所属メンバーは、財務・税務・人事・法務・マーケティング、
また製造業・卸売業・建設業・サービス業・ITなど、
職種や業界ごとの得意分野を持ち合わせています。中小企業の経営に必要な知識と経験を活かし、
冷静な判断、熱き心を持って、中小企業経営者をワンストップでサポートします。

経営戦略・事業戦略

経営目標と経営課題の抽出がキーワード。
事業の新大陸を目指します。

経営戦略とは、「社長の夢」という宝島にたどり着くための「航海図」です。それを事業ごとに定める場合に「事業戦略」と呼びます。「複雑化した現代社会」という大海では、適切な「航海図」なしでやみくもに進んでも、荒々しい大波小波を乗り越えていくことはできません。「羅針盤」(経営理念)と「航海図」(経営戦略)に基づいた一貫性のある「戦術」(機能戦略)を打っていくことこそが、最適な航路を進む一番の近道になります。そして、経営戦略の策定には、しっかりとした経営理念に基づく「経営目標」と、客観的な現状分析に基づく「経営課題の抽出」が不可欠です。MASTコンサルティングは、「社長の想い」に寄り添った経営理念から経営目標の設定、客観的な現状分析、課題抽出まで、経験・知識豊富な中小企業診断士、弁護士、税理士等60名のコンサルティングパートナーがご支援し、「社長の夢」を実現する「航海図」をご一緒に描いていきます。

導入事例はこちら アセット 12

経営法務

経営法務の心強いパートナーとして、
未来へ万進できる体制を創造します。

〔経営法務【ベーシック】〕

大きなトラブルも無く、法務とは無縁。このような意識の企業は多いかもしれません。しかし、少し胸に手をあててみていただけないでしょうか。売掛金の回収などで、小さな(?)トラブルが起きていませんか。その事態、日常使用している【書式、契約書等を見直す】ことで対処できることがあります。「こんなに督促しているのに!」そのような事態も、【交渉の方法を工夫する】ことで、売掛金回収に寄与し、何より経営者の貴重な時間と精神力の削減に繋がります。経営者に、本業に打ち込んでいただくためにこそ、我々外部の専門家が傍にいます。日ごろ、税理士に愚痴るように、弁護士にもこぼして貰えませんか。最小限の精神的・物理的コストで、早期発見・問題解決に資するはずです。

〔経営法務【アドバンス】〕

知的財産の問題は、攻めの視点だけでなく、守る意味でも意識が必要です。ずっと伝統的に使用してきた商品名が、突然使えなくなったりするかもしれません。近時、意匠法・商標法等各種知的財産法の改正も盛んで、デザイン×経営の密接さを一層感じられる時代です。また、IT化の発展に法律が追いついていない昨今、新たなビジネスを生み出す上で、ルールを自らデザインしていくことも有益です。ビジネスの設計や深掘りの視点に、経営法務も加えませんか。

財務戦略

企業の成長を支える財務基盤を構築する、そのノウハウを知っています。

昨今の厳しい競争環境を生き抜くためには、経営戦略・事業戦略に基づく企業の成長が必要ですが、同時にそれを支える財務基盤の強化も重要となります。そしてその財務基盤をどう強化していくかを計画し、具体的にどうそれを実現するのかの筋道を立てるのが財務戦略です。具体的には、自己資本の強化や有利子負債の圧縮等による財務健全性の向上から、資金の効率化による資金繰りの改善、収益性の向上等多岐に渡ります。当然ですが、取るべき戦略は企業の置かれた状況や目指すべき方向により一社一社異なっており、必要な手を一つ一つ確実に打っていく必要があります。MASTコンサルティングは、まずクライアントの現状をしっかりと理解し、地に足のついた方策を共に考え、財務基盤の強化を実現していきます。

導入事例はこちら アセット 12

人事戦略

人事戦略が企業の未来を決める。企業にとって本当に必要な人材探しをサポートします。

企業が将来的・継続的に発展していくためには、人事戦略が必要不可欠です。しかしながら、生産年齢人口の減少や大企業の雇用枠拡大により、中小企業の人材確保・育成はこれまで以上に厳しさを増しております。人事戦略とは、企業の事業戦略を実現させるための、従業員の採用や育成、配置に関する戦略であり、求職者や従業員に向けたマーケティングであると言えます。したがって、企業は自社の理念・ビジョンを明確化し、「この場所で働く魅力」をターゲットである求職者や従業員に対して発信して行く必要があります。MASTコンサルティングは、企業が「人材」という経営資源を確保し活用する人事戦略の仕組みづくりを全力でサポートいたします。

導入事例はこちら アセット 12

販売促進

「売れる仕組みづくり」の戦略パートナーとして、お客様の未来を切り開きます。

企業が存続し続けるためには売上を確保し、利益を出し続けなければなりません。売上は誰からもたらされるかと言えば「顧客」でしかなく、どうすれば多くの顧客に自社の商品、サービスが提供できるのかを考えるのは経営者の大事な仕事です。しかし、成熟社会を迎えたいま、消費者のニーズは多様化し、高品質であれば売れるとは限らず、便利だからと言って買ってくれるわけでもありません。しかし、長く売れ続けている商品はありますし、多くの消費者の心を捉えるヒット商品はいくつも生まれています。お客様が買ってくれる商品、サービスは世の中に存在しているのです。そしてそれは決して新しい商品、サービスに限ったことではありません。既存の商品でも見せ方ひとつで世の中から注目された事例は数多くあります。こうした実例から「売れる仕組み」を導き出せば、どんな商品、サービスにも売れる可能性はあります。私たちはクライアントとともにどうすれば売れるのか、具体的な「売れる仕組みづくり」に知恵を出すことで、企業の成長をサポートします。

導入事例はこちら アセット 12

IT戦略

ITからお客様ビジネスの可能性を広げていく。情報化社会を使いこなす企業へと導きます。

現在の日本の社会は、AI、ビッグデータ、IoT、ロボットなどの情報技術の急速な発達により、情報化社会(ソサエティ4.0)は終焉を迎え、超スマート社会(ソサエティ5.0)になりつつあります。こうした変化の大きな時代に、技術の変化に柔軟に対応しながら企業を経営するためには、CIO(情報担当役員)の役割が大きくなります。しかし、中小企業の多くはCIOとなる人材を内部に求めることができず、戦略無きままに行き当たりばったりな情報システム開発が行われ、IT投資が無駄になる元凶となっています。こうした失敗を避けるため、外部にCIO役を求めるのはどうでしょうか。企業経営とITの双方に精通したコンサルタントを擁するMASTコンサルティングならば、情報技術の変化に柔軟に対応し、効果的な情報システム導入を実現できる体制作りをサポートすることができます。

導入事例はこちら アセット 12

補助金・助成金

事業計画の立案から実行、報告書の支援までトータルに補助金事業をサポートします。

補助金とは、販路拡大や生産性向上といった一定の取組みを行う場合に、国などがその費用の一部を補助する制度です。例えば、通称「ものづくり補助金」では、設備投資などの経費の一部が補助されます。融資とは異なり、原則返済不要です。補助金は、「事業計画をしっかりと立てて経営努力をする事業者を応援し、経営環境を良くしたい」という狙いのもとに行われるものです。そのため、補助金をもらうには、事業計画書を作成して申請し、審査を経て採択される必要があります。ただ、予算は決まっているため、申請者が多数ある場合は、それだけ競争が厳しくなります。一般的に採択率は3割~4割程度と言われています。まずはしっかりとした事業計画を立てること、そして計画をしっかりと実行することが求められます。MASTコンサルティングは、一般的な採択率を上回る豊富な支援実績があります。さらに、採択後の実行支援も可能です。補助金を活用した事業の発展をトータルサポートします。

導入事例はこちら アセット 12

セミナー

ビジネスコンサルのプロフェッショナルとして価値あるセミナーを提供します。

経営の基礎習得からM&A、事業承継など、ビジネスのチャンスや成長へと導くセミナーを開催しています。講師はMASTコンサルティングに所属する中小企業診断士資格をもつ現役のコンサルタントたちをはじめ、時代のキーパーソンとなるビジネスリーダーも登壇します。

セミナー開催実績

  • コンサルタント養成講座
  • 経営の基礎知識習得セミナー
  • M&Aアドバイザー養成講座
  • 今から始める事業承継・M&Aセミナーなど

地域・企業・商品ブランディング事業

地域や企業、社会の課題から、本当に必要な価値を見つけブランディングしていきます。

ブランディングとは、言うなれば「目標」であり、目標に到達するための「道程」です。とりあえず作ってみる、企画してみる、というのでは、到底ブランドを創ることはできません。私たちMASTコンサルティングは、あらゆる事業のコンサルティングだけを請け負うのではなく、事業を成功させるために、企業力をつけ、商品の価値を高め、さらには、地域の活性にもつながっていけるようなブランディング事業も行っています。お客様の課題は何か、価値はどこにあるのか、将来的にどんなビジネスを展開していきたいのか。コンサルティングとブランディングの両軸で、お客様の未来をバックアップしていきます。

企業ブランディング

コーポレートアイデンティティからロゴマーク、名刺や封筒、会社案内、ホームページの制作などのレギュレーションツールの制作をワンストップでトータル提案。お客様のアイデンティティを大切に、「ブレることのない」企業ブランディングを創造します。

プロジェクトブランディング

社会貢献度の高いプロジェクトを中心にブランディングを実施。参加団体に向けた会報誌や統一のロゴマーク、イベントの実施、参加している各団体のビジネスマッチングなどを実施。プロジェクトのブランドを確立させ、さらには、プロジェクトの拡張を図っていきます。

商品ブランディング

伝統工芸や文化、食材など、全国にはあらゆる地域資源があります。しかし、時代と共に、後継者も途絶え、地域資源が消失してしまうことが少なくありません。商品を「リデザインする」ことよりも商品の「価値を高め、次代へ継承される」仕組みを得意としたブランディングを行います。

SDGsプロジェクト事業

SDGsの理解を深め、興味から実施へとSDGsに取り組める環境を提案します。

Sustainable Development Goalsの頭文字をつなげたのがSDGs(エスディージーズ)。SDGsとは持続可能な開発目標という意味で、2015年の国連サミットで採択された2016年から2030年までの国際目標のことです。SDGsは、すべての国々、企業、人々の目標となっています。今、SDGsに対して積極的に向かい合うことは、国にとっても、企業にとっても、「社会貢献が高い国・企業」として、注目されます。企業であれば、SDGsに取り組む姿勢をアピールすることで、投資機関や顧客への信頼、さらには、新規の顧客獲得など、新たな市場を創る大きなビジネスチャンスになります。しかし、SDGsの目標は、多くの企業にとって、簡単に達成できるものではありません。そこで私たちは、すでにSDGsに取り組んでいる団体、活動などと、お客様をマッチングすることで、SDGsに取り組める環境を構築。企業の価値・可能性を広げています。

SDGsには、持続可能な世界を実現するために、17のゴール・169のターゲットがあり、地球上の誰一人として取り残さない社会をつくることが目標。発展途上国だけではなく、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)な取り組みです。

海外進出支援

アジアへの海外進出はビジネスチャンスの
宝庫。新規進出からお手伝いします。

MASTコンサルティンググループでは、MAST Consultihng(Thailand)Co.,Ltdをタイに設立し、タイへの進出および既進出済み企業へのサポートを行っております。

  • 新規進出のご相談
  • 現地法人経営者のサポート
  • 日本本社と現地法人との経営方針の共有・サポート

またASEAN在住の士業200名超とのネットワーク(ASPO、アジア士業共同体)にも所属しています。ASEANへ進出を検討されている企業には、その場でSKYPE等を通じてASEAN中の信頼できる士業へお繋ぎします。またASEAN現地との提携で興味ある分野・協業したい企業等へのご紹介(現地士業が紹介・登録した企業)も行っております。

実績については、お問い合わせください。

CASE STUDY事例

MANAGEMENT TEAM経営陣

CONSULTANTコンサルタント

登録メンバー 75名 (2019年6月現在)

TOPICSトピックス

お知らせ

メディア掲載情報

主な連載内容

もっと見る アセット 12
閉じる アセット 12

CORPORATE PROFILE企業情報

CONTACTお問い合わせ

以下のフォームに必要事項をご記入のうえ、下の「送信」ボタンを押してください。お問い合わせ頂きました内容を確認後、担当よりメールにてご連絡させて頂きます。

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容